マスコミの報道を見て??と疑問に思った事をメモする備忘録です。(リンクはご自由に)
最近のエントリー
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のエントリー
一般論と個別論の区別もつかない政治家の例
2005年07月17日 (日) | 編集 |
今月13日の衆院外務委員会で、沖縄で20年前に発生した米兵による強姦被害者の手紙が読み上げられたのに対して、我らが外務大臣 町村氏は

「被害者の心情は受け止めなければならないが、軍隊があるから日本の平和と安全が保たれたとの一面がすっぽり抜け落ちている」

等と発言したわけなのですが、その発言に対して被害者の方の「二度 殺された思いだ」を筆頭に批判が相次いだわけです。


そして、その批判に対し町村外相は

「軍隊で世界の、日本の平和が保たれた面を政策論として言ったのであり、被害者の方にそういう考え方を持ってほしいと言ったつもりはない」

と釈明し。

さらに
誘導的といっては何だが、私の答弁をバランスよく報道しているとは思えない。新聞を読んで被害者の方が不快感を持ったとすれば大変申し訳ないし、おわびを言いたいが、被害者も報道を見て『町村がそう言った』と受け止めたのだろう。報道(機関)がある種の意図の下に誘導的に報道することがある。客観的、公平な報道をしてほしいと望んでいる

と報道への批判も展開。

自分の失言を棚に上げて、マスコミ批判ですか?
もしかして、マスコミは 「ある種の意図の下に誘導的に報道することはない」 とか思って、今まで外相やっていたのでしょうか?

それとも、自分に好意的な報道以外は全て公平でない報道ってことでしょうか?

「個人の犯罪と、個人の所属する組織(軍隊)の是非を同列に扱い、
個人の犯罪を、組織を糾弾するために政治的に利用するのは間違え」
と言えば済んだ話し
だと思うのですけどねえ。

それを外相自ら、「個人の犯罪」と、「個人の所属する組織(軍隊)の是非」をリンクさせて反論するんですからねえ。 被害者の気持ち逆撫でしたと言われても当然でしょう。

個人の犯罪を、組織を糾弾するために政治的に利用した質問(答弁)自体が
が誘導(つり)なのは明白。

そんな誘導(つり)ひっかかるなんて、本当に政治家んなんでしょうか?
一体、こんなナイーブな方に、どんな外交が出来るのでしょうか? 不安になってしまいました。

「警察官が、犯罪を犯したとして、警察を廃止しろ貴方は言いますか? 外国人が犯罪を犯したとして、全ての外国人を日本から追い出せと言いますか?」と何故反論しなかったんでしょうか?

もしかして、町村氏は一般論と個別論の区別もつかないのでしょうか?

元ネタ・ニュースは↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050715-00000007-ryu-oki
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050715-00000019-ryu-oki
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050715-00000020-ryu-oki




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。